マイナンバーの対策、管理ならマイナンバー推進協議会


一般

名称未設定-1

2016/06/15 一般 お役立ち情報

「マイナンバー」のその後【社労士コラム】

1.「マイナンバー 責任あいまい」 上記の様な見出しが平成28年6月4日付の日本 …

一般

125ed41f308a2e74a56235ca9271dd65_s

2016/06/06 一般 企業のお役立ち

マイナンバー 被災時の目的外利用について【社労士コラム】

マイナンバー 被災時の目的外利用について 熊本、大分を中心とした地震発生からまも …

企業

マイナンバーの数字

2016/05/17 企業の対策 企業のお役立ち

「マイナンバー」の活躍や如何に…【社労士コラム】

1.はじめに この度の地震により被災された皆様に、心からお見舞いを申し上げます。 …

企業

名称未設定-2

2016/04/25 企業の対策 企業のお役立ち

報酬を支払う方への準備について【社労士コラム】

マイナンバーは、給料を支払う従業員だけでなく、報酬を支払う人も対象になってきます …

社労士

名称未設定-1

2016/04/20 社労士の対策 社労士のお役立ち

税理士と社会保険労務士のシステムの現状【社労士コラム】

システムと私たちは共存してきており、システムの発展なくして、私たちの発展的な業務 …

社労士

岩崎仁弥

【東京】今がチャンス!10年に一度の「マイナンバー特需」!マイナンバーコンサル養成講座!~たった2日間であなたの営業メニューに「マイナンバー対策」が加わる~

【社労士・行政書士・司法書士・弁護士・税理士・コンサルタント・経営者 対象】
【日時】
1日目:12月11日(金) 13:30~16:30
2日目:12月12日(土) 10:30~16:30
【会場】
日本教育会館
【アクセス】
地下鉄都営新宿線神保町駅A1出口徒歩3分
東京メトロ半蔵門線神保町駅A1出口徒歩3分
地下鉄都営三田線神保町駅A1出口徒歩5分
【講師】
山中 健児 弁護士
岩﨑 仁弥 特定社会保険労務士
【セミナー参加料】
□120,000円(税別)⇒ 早期特別割引 98,000円(税別)
【セミナー申込方法】下記URLよりセミナー詳細をご確認のうえお申込みください
http://legal-station.jp/mynumber-consul/

参加費有料

終了

今がチャンス!10年に一度の「マイナンバー特需」!マイナンバーコンサル養成講座! ~たった2日間であなたの営業メニューに「マイナンバー対策」が加わる~ マイナンバー対策のプロを目指す!実務セミナー 『マイナンバー コンサルタント』養成講座(応用編) ■誰よりも早く、最新情報を確実に押さえたい! ■マイナンバーコンサルタントとして付加価値の高い提案をしたい! ■マイナンバー対策を法的局面だけでなく実務面から万全にしたい! ■今すく使えるWordやPowerPointの資料を手に入れたい! など 上記のような、社会保険労務士事務所の声を解決するべく、より実務対応に活かせる具体的な情報をお届けします。 【主な内容】 (1)安全管理措置の構築法 (2)リスク分析の行い方 (3)業務マニュアル、規程集の作成方法と就業規則、社内規程の整備 (4)漏洩事故が起こった場合の企業リスクと防止策はなど 来年1月に本格スタートするマイナンバー制度。「安全管理措置の実際の運用」、「業務マニュアルの作成方法」、 「リスク分析の仕方」、「基本規程、取扱規程等の規程集づくり」などの実務を、ワーク形式で分かりやすく解説します。 使用者側弁護士の代表格、労務管理対策のスペシャリスト、石嵜・山中総合法律事務所パートナー弁護士の山中健児弁護士と、 わかりやすい法改正解説と最強の就業規則で定評のある岩﨑仁弥氏による、おなじみのダブル講師体制で、実務レベルでの運用を 多方面から2日かけてたっぷり解説いたします。 お申込み・セミナー詳細は下記URLよりご確認ください。 http://legal-station.jp/mynumber-consul/ 【特別講師紹介】 株式会社リーガル・ステーション 代表取締役 特定社会保険労務士・行政書士 職場マイスター 岩崎 仁弥氏 調和ある働き方と共鳴する職場作りを目指す日本で最初の職場マイスターとして、年間3500人を超える社会保険労務士・人事労務担当者にこれからの雇用ルールを指導する。 講師業の傍ら、平成16年より『ビジネスガイド』『SR』『社労士V』(いずれも日本法令)の3誌で執筆を開始。実務家から開業社会保険労務士まで幅広いファンを有する。 マイナンバー制度においても多くの記事を執筆している。

詳細を見る

社労士

岩崎仁弥

【東京】10年に一度の「特需」! マイナンバーコンサル養成基礎講座! ~あなたの営業メニューに「マイナンバー対策」が加わる~

【社会保険労務士事務所所長限定】
【日時】
10月22日(木)14:30~16:45
【会場】
日本教育会館
【アクセス】
地下鉄都営新宿線神保町駅A1出口徒歩3分
東京メトロ半蔵門線神保町駅A1出口徒歩3分
地下鉄都営三田線神保町駅A1出口徒歩5分
【セミナー参加料】
□一般参加 8,000円(税込)
□ マイナンバー推進協議会 (一般会員)6,000円(税込)
□ マイナンバー推進協議会 (特別会員) 5,000円(税込)
【セミナー申込方法】下記URLよりセミナー詳細をご確認のうえお申込みください
http://www.seminars.jp/s/154780

参加費有料

終了

10年に一度の「特需」! マイナンバーコンサル養成基礎講座! ~あなたの営業メニューに「マイナンバー対策」が加わる~ □ 「マイナンバー」をビジネスチャンスに変えていきたい □ コンサルティングで顧問料の単価アップを狙いたい □ 新規企業向けの新たな営業の切り口が欲しい

詳細を見る

社労士

城敏徳氏

【福岡】社労士事務所のための「マイナンバー」セミナー ~一歩先行く社労士事務所の具体的な対策事例~

【社会保険労務士事務所所長限定】
日程:2015年9月10日
講師:城 敏徳 氏(社会保険労務士)
開催地:リファレンス大博多貸会議室
    福岡市博多区博多駅前2丁目20-1大博多ビル
    博多駅博多口より徒歩約7分
時間:14:00~17:00(13:40開場)

限定40事務所

参加費無料

終了

一歩先いく社労士事務所のマイナンバー対応の全てを公開!!! 施行直前!日々高まる企業の関心!社労士事務所のための「マイナンバー」セミナー ~一歩先行く社労士事務所の具体的な対策事例~ 社会保険労務士として「マイナンバー」とどう向き合っていますか? □ もう少しまわりの社労士の動きを静観しよう! □ まあ、なんとかなるだろう! □ 関連情報は集めているが未だアクションに移せていない! など 上記のような事務所には必要のない情報になるかもしれません。

詳細を見る

社労士

城敏徳氏

【大阪】社労士事務所のための「マイナンバー」セミナー ~一歩先行く社労士事務所の具体的な対策事例~

【社会保険労務士事務所所長限定】
日程:2015年9月3日
講師:城 敏徳 氏(社会保険労務士)
開催地:株式会社エフアンドエム
    大阪本社
    地下鉄御堂筋線江坂駅
    徒歩約1分
時間:14:00~17:00(13:40開場)

限定48事務所

参加費無料

終了

一歩先いく社労士事務所のマイナンバー対応の全てを公開!!! 施行直前!日々高まる企業の関心!社労士事務所のための「マイナンバー」セミナー ~一歩先行く社労士事務所の具体的な対策事例~ 社会保険労務士として「マイナンバー」とどう向き合っていますか? □ もう少しまわりの社労士の動きを静観しよう! □ まあ、なんとかなるだろう! □ 関連情報は集めているが未だアクションに移せていない! など 上記のような事務所には必要のない情報になるかもしれません。

詳細を見る

社労士

城敏徳氏

【東京】社労士事務所のための「マイナンバー」セミナー ~一歩先行く社労士事務所の具体的な対策事例~

【社会保険労務士事務所所長限定】
日程:2015年8月27日
講師:城 敏徳 氏(社会保険労務士)
開催地:株式会社エフアンドエム
    東京本社
    東京駅八重洲中央口より徒歩約3分
    銀座線京橋駅・徒歩約2分
時間:14:00~17:00(13:40開場)

限定50事務所

参加費無料

終了

一歩先いく社労士事務所のマイナンバー対応の全てを公開!!! 施行直前!日々高まる企業の関心!社労士事務所のための「マイナンバー」セミナー ~一歩先行く社労士事務所の具体的な対策事例~ 社会保険労務士として「マイナンバー」とどう向き合っていますか? □ もう少しまわりの社労士の動きを静観しよう! □ まあ、なんとかなるだろう! □ 関連情報は集めているが未だアクションに移せていない! など 上記のような事務所には必要のない情報になるかもしれません。

詳細を見る

注目の社労士

熊本県

クロスフィールズ人財研究所

代表者名
三浦 修
電話番号
096-277-1295
郵便番号
861-4101
住所
熊本県熊本市南区近見8丁目6-29
URL
http://www.cf-labo.jp/

詳細を見る

広島県

フクシマ社会保険労務士法人

代表者名
福島 省三
電話番号
082-293-8102
郵便番号
730-0805
住所
広島市中区十日市町1-1-9 相生通り鷹匠ビル2階
URL
http://www.jinji-fuku.jp/

詳細を見る

大分県

みらい社会保険労務士法人

代表者名
城 敏徳
電話番号
097-574-7671
郵便番号
870-1132
住所
大分市大字光吉362番地 nctビル1F
URL
http://jo-roumu.com/

詳細を見る

マイナンバーのよくある質問

社労士

マイナンバー法とはなんですか?
マイナンバー法とは、マイナンバーの通知開始に伴い、平成28年1月より完全施工(通知が開始される平成27年10月から施行予定)される法律です。個人情報保護法とは異なり、1件でも特定個人情報を取り扱う事業者であれば、個人番号関係事務実務者と認定され、この法律の適用対象となります。また罰則も強化されているため、取扱いには厳重な注意が必要です。
マイナンバーの安全管理措置とはなんですか?
マイナンバー法において、個人情報の取扱を第三者に委託した場合、委託された者は事業者と同等の安全管理措置を取ることが求められています。国が定めたガイドラインでは「組織的安全管理措置」、「人的安全管理措置」、「物理的安全管理措置」、「技術的安全管理措置」の4点において、必要かつ適切な安全管理措置を講じるように示されています。

企業

マイナンバーを第三者に管理委託することは可能ですか?
はい、可能です。マイナンバーの管理を第三者に管理委託することは認められていますが、その場合、事業者は委託先に対して法律上監督する責任が生じます。つまり、万が一委託先で漏えいなどがあった場合、責任が問われるということになりますので、委託先の管理措置がどのようになっているかをしっかりと確認する必要があります。
法人番号とはなんですか?
法人番号は、1法人につき1つ指定される番号です。国の機関や地方公共団体、設立登記を行っている法人などに交付されます。番号は数字の13桁で構成されています。
法人番号はどのようなときに利用しますか?
法人番号はマイナンバーとは異なり、利用に制限を設けていません。行政の手続きにおいては、平成28年1月以降の税手続きに使用されます。
法人番号の通知はどのようにして行われますか?
法人番号は、平成27年10月以降に、設立登記法人の場合は登記にされている所在地に書面にて通知されます。この書面はマイナンバーで使われる通知カードとは異なりますので、ご注意ください。また、この法人番号はインターネットを通じて公表されることが予定されています。公表内容は商号(または名称)、本店または事務所所在地、法人番号の3点で、これらを基本3情報といいます。(人格のない社団等については、同意していない場合公表されません。)

一般

マイナンバーってなんですか?
マイナンバーとは、平成27年10月より住民票も持つすべての人に対して、1人1つ公布される12桁の個人番号のことを指します。平成28年1月より、法律や条例で定められた社会保障や税金関連、災害対策の行政手続きにおいて、多くの機関が所有する個人情報を一つの情報として確認し、効率的に情報を管理するために活用されます。
マイナンバーはどのように通知されますか?
平成27年10月より、各市区町村から原則住民票に記載されている住所あてに、「通知カード」といわれるマイナンバーが記載されたカードが送られてきます。
マイナンバーの対象となる人は?
マイナンバーは住民票をもつすべての人が対象となります。そのため、日本国籍を有していなくても中長期在留者や特別永住者などの外国人も対象となります。
マイナンバーを使うのはどんなときですか?
平成28年1月より、社会保障(年金・労働・医療・福祉)、税、災害対策でマイナンバーの使用が開始されます。年金の給付時、ハローワークの手続き、医療保険の保険料の支払いの際や、確定申告や被災者生活再建支援金の給付を受ける際などに必要となります。
個人番号カードとはなんですか?
個人番号カードとは、マイナンバーのほかに氏名、住所、生年月日、性別などと合わせて本人の証明写真が載っているカードとなります。マイナンバーの通知後に、各市区町村で手続きの申請をすると、平成28年1月以降に交付されます。つまり、通知カードとは違い、手続きをしないと交付されないということです。この個人番号カードは公的な身分証明書として使用することができます。またICチップに電子証明書が搭載されているため、各種電子申請などにも使用することができます。
個人番号カードの取得は義務付けられていますか?
いいえ、義務付けられていません。通知カードは自動的に交付されますが、個人番号カードに関しては、任意での取得となります。政府はこの個人番号カードによって、国民の生活がより便利になることを目指しているため、多くの国民に取得してもらいたいという方針を持っています。また、交付の際は原則として本人(病気や障害などを理由に本人が難しい場合は、指定した代理人)が各市区町村の窓口に出向く必要があります。