マイナンバーの対策、管理ならマイナンバー推進協議会

一般

マイナンバーの通知はいつどのようにしておこなわれるのか

郵便で通知

平成28年1月、マイナンバー制度がスタートします。この制度が導入されると、国や地方自治体の各種手続きやサービスがより円滑でより公平なものになることが期待されています。

ところで、マイナンバーは日本国内に住民票をおいているすべての人に対して割り当てられる番号です。ということは、自分の番号を知らなければ制度の恩恵を受けることもできないということになります。

「そんな番号なんて知らない!」とびっくりした人もいるかもしれません。ですが心配はいりません。まだマイナンバーの通知ははじまっていないので、知らなくて当然だからです。
ここでは、マイナンバーの通知がどのように行われるのかについて、わかりやすく解説いたします。

ツールダウンロード

マイナンバー通知時期

マイナンバーについての国民への周知は、現段階ではまだ不十分です。いつから開始するのか、何のためにはじまるのか知らないという人もいるでしょうし、もしかしたらマイナンバー制度がスタートすること自体を知らないという人だっているかもしれません。

新しい制度を施行する際には、直前になって慌てることのないよう、準備期間や周知期間が必要です。マイナンバーについても、実際の運用スタートよりも一足早く通知が行われます。

通知は平成27年10月から

マイナンバーの通知は、平成27年10月から順次行われることになっています。マイナンバーの割り当てや管理は地方自治体ごとになされますので、この通知も、住民票のある各地方自治体によって行われます。

通知から実際の運用スタートまでは約3か月間ありますので、この間にマイナンバー制度の目的や仕組みを学び理解しておくようにしましょう。

マイナンバーは原則的に生涯変わることのない番号ですから、通知された番号は大事に保管しなくてはなりません。

 

マイナンバー通知カードとは

マイナンバーの通知は、マイナンバー通知カードによって行われます。通知カードは簡易書留で郵送される予定です。10月になっていざ手元に届いてから戸惑ってしまわないように、今のうちから通知カードについての理解を深めておきましょう。

通知カードに記載されていること

マイナンバー通知カードには、もちろんマイナンバーが記載されています。このカードが届くことによって、一般の国民は自分の番号がいくつであるのかをはじめて知ることになります。

マイナンバーのほかにも、通知カードには氏名・住所・生年月日・性別というベーシックな個人情報が記載されています。

身分証明書としては不十分

マイナンバーは本人確認にも利用される番号ですが、この通知カードだけでは身分証明をすることはできません。なぜなら、通知カードには顔写真が入っていないからです。通知カードを証明書として使いたい場合には、別の書類もあわせて用意しなければなりません。

通知カードは紙製のカード

「カード」という響きから立派なものを想像する人もいるかもしれませんが、あくまでも通知カードは国民への番号の通知だけを目的としたものです。紙製のシンプルなカードになる予定です。

 

個人番号カードや住基カードとの関係

前の項で解説したように、通知カードだけでは身分証明書には使えません。類似した性質のカードである「個人番号カード」や「住基カード」との関係性もあわせて押さえておきましょう。

身分証明には個人番号カードを作る

マイナンバーというと、身分証明がしやすくなる制度だというイメージがあるかもしれません。実は、マイナンバーのカードは通知カードのほかにあって、「個人番号カード」というものがそれに当たります。こちらは顔写真とICチップがついているため、身分証明に使えるというわけです。

通知カードは対象者全員に届けられますが、個人番号カードは申請した人の元にのみ交付されます。通知カードと一緒に申請書類が届く予定ですので、必要な人はそちらを見落とさないようにしましょう。

住基カードは有効期限まで使える

現在、身分証明書として使える公的なカードというと、住基カードがあります。ただ、マイナンバーは住民基本台帳の上位互換のような制度ですから、マイナンバー制度の開始以降は新規発行が停止されます。

すでに交付されている住基カードについては有効期限まで安心して使うことができますが、その後はマイナンバーのカードに移行することとなります。

 

まとめ

最後にあらためて、マイナンバーの通知に関する重要なポイントをまとめておきましょう。

  • マイナンバーは平成27年10月から通知される
  • マイナンバーの通知は、住民票のある各地方自治体によって行われる
  • 「通知カード」は住民票に記載された住所に簡易書留で郵送される
  • 「通知カード」だけでは身分証明書として不十分
  • 身分証明書が欲しい場合は別途「個人番号カード」を申請する

まだ今はマイナンバー制度が始まるという実感のない人も多いかもしれませんが、実際に番号が通知されると、「いよいよ始まる」という感覚になってくるのではないでしょうか。
くれぐれも、通知されたマイナンバーは慎重に保管するようにしましょう。

マイナンバーステーション

関連記事

マイナンバーの数字
最初に知っておくべきマイナンバー基本事項

マイナンバー制度について、どこまでご存知ですか? 導入までいよいよ1年を切ったマ …

パソコンでの対応
民間事業者が行わなければいけないマイナンバーの対応

マイナンバーへの対応は行政だけがするものだと思い込んではいませんか? たしかに、 …

マイナンバーと預金の関係
マイナンバーと預金情報の連動について

マイナンバー制度は平成28年1月よりはじまることが決定していますが、その適用範囲 …

マイナンバーの行政対応
マイナンバーの行政の対応と今後の動向~マイナンバーに触れてみてわかったこと~【社労士コラム】

1.行政の対応 まず、企業が「いの一番」にマイナンバーを使用し、提出する先がハロ …

メリットを書く鉛筆
マイナンバー導入のメリット・デメリット

いよいよ平成28年1月から、マイナンバー制度がスタートします。最近ではニュースや …

マイナンバーの数字
マイナンバーの利用範囲や利用時の注意事項

マイナンバーが導入されると、国民ひとりひとりの個人情報の管理が簡単になるため、国 …

マイナンバーのスケジュール
マイナンバー制度はいつから始まる?開始時期と今後のスケジュールについて

近頃、テレビ・新聞・インターネットなどでマイナンバーについての話題を目にする機会 …

マイナポータルを見る女性
マイナンバー確認システム、マイナポータルとはなにか?

マイナンバー制度について深く知るためには、マイナポータルについて知ってく必要があ …

マイナンバーと健康保険証
マイナンバーと健康保険証の関係【社労士コラム】

今後マイナンバーのインフラが進むと、様々なものと連携していくと政府は示しています …

確定申告書
マイナンバーが必要な税金に関わる手続き

マイナンバー制度の開始が目前に迫っていますが、マイナンバーがどのような分野で利用 …