マイナンバーの対策、管理ならマイナンバー推進協議会

企業

「マイナンバー」の活躍や如何に…【社労士コラム】

マイナンバーの数字

1.はじめに

この度の地震により被災された皆様に、心からお見舞いを申し上げます。
唐突な入りで申し訳ございませんが、これも話の流れの中でのことです。
現在、マイナンバーの使用範囲は「社会保障、税、災害対策」の三分野に限定されています。
では、今回の災害の対策でどの様な使い方をされるのでしょうか?
大変不謹慎ではありますが、その利用方法について大きな関心を持っております。
何分初めてのことなので、その使われ方について、皆目見当がつかないもので。
ところで、私の家は地震で話題の大分なのですが、実は「揺れ」というものを経験しておりません。
実は、事務所が大分市の他に竹田市、福岡市と横浜市にありまして、地震があった日の週の月曜日から翌週の金曜日までの、まさに地震の真最中には横浜の事務所にいたと言う訳です。
皆様からご心配を頂戴し、「大丈夫?」のメールや電話を沢山いただいたのですが、「ごめん、わかんねぇんだわ…」との返答をせざるを得ませんでした。
その後、この原稿を執筆中の5月5日には、遅ればせながら揺れを「初体験!」しました。

閑話休題。
今年のハローワークの様な「肩透かし」の対応にならず、せっかく出来た制度なので、十分に価値のある使用方法を見せていただきたいものです。

2.社会保険未適用事業所

このところ、社会保険の未適用の問題が喧しい様です。
これは、本来社会保険に加入しなければならない(強制適用)にもかかわらず、保険料の会社負担分が高いからという理由により未加入となっている会社が79万社もあるということに由来するものです。
日本年金機構は、これらの会社について、法人番号(会社版マイナンバー)を使って一気に摘発しようとしています。
仕組みは、税務署が把握している「源泉税を納付している(所謂、給与を支払っている)事業所」の法人番号と、日本年金機構が確認できる「社会保険を適用している事業所」の法人番号を突合することにより社会保険未適用事業所をあぶり出そうとするものです。
当然ながら前者の数の方が多いのですから、引き算をした79万社が社保未適と考えられると言うことです。
日本年金機構は、本年4月から適用促進の動きを強めています。

3.マイナンバーの本格使用

会社で全従業員分のマイナンバーを一斉に使用するのは、今年の年末調整が最初です。
今迄までは、年の途中で入・退社した人の雇用保険被保険者資格取得・喪失届、離職証明書等に記載するだけであったので、それ以外の人のマイナンバーは収集するのみで、使用はありませんでした。
ところが、年末調整の際は、従業員のみならずその被扶養者のマイナンバーの記載が必要になります。
ですから、今年の秋頃からはマイナンバーの扱いで忙しくなることでしょう。
また、来年からは社会保険にもマイナンバーの記載が始まります。
総務の方の仕事が一段と増えることでしょう。

4.私の初めてのマイナンバー使用

先日、ある製薬会社(◯◯薬品)から、マイナンバー提供依頼の書面が入った封筒が届きました。
私は、“治験”に協力した記憶もなく、まったく接点のないと思われる会社からの郵便です。
心当たりがないと思い「マイナンバー詐欺か!」と疑ったのですが、「待てよ、そう言えば昨年末、△△県の“耳鼻科医会”で話をしたよなぁ…」と、講演の機会があったことを思い出し、主催者を調べてみたら案の定その「◯◯薬品」であることがわかりました。
そこで私の預金通帳を見てみると、今年に入って確かに「○○薬品」からの振り込みがありました。
「なるほどね~」

5.まとめ

よく聞く話ですが、たぶん期待を込めてでしょうが、「マイナンバー制度、このままポシャっちゃうじゃない?」との憶測。
私の知る限りでは、今までの同様の法案とは国の“気合の入れ様”と“予算の掛け方”が全く違うように思われます。
また、今後は“小さく生んで、大きく育てよう”との意気込みがあらわに感じられます。
実は、この構想は昭和43年の佐藤栄作内閣のときに世に現れ、紆余曲折の末50年の歳月を経てようやく成立した法案なのですから…
ただ、折角作った制度なので、しっかりとした活用をしていただきたいものです。


【コラム執筆者】
みらい社会保険労務士法人マイナンバー推進協議会 特別会員
みらい社会保険労務士法人
所長 城 敏徳


漫画で分かるマイナンバー

関連記事

マイナンバー法人番号
マイナンバーの法人番号とは?個人番号との違い

マイナンバー制度の開始まで半年をきりました。2015年10月に番号の通知を控え、 …

マイナンバーのシステム活用
企業のマイナンバー対応のポイントとシステム活用【社労士コラム】

平成28年に入り、行政の対応と企業の対応の温度差からマイナンバーについては、話題 …

事前収集した書類
企業のマイナンバーの事前収集について

マイナンバー制度がスタートすると、民間企業の事務処理にもいくつかの変化が出てきま …

社労士によるマイナンバーセミナー
マイナンバーは扶養控除等申告書に記載が必要か?【社労士コラム】

昨年の春先から準備を進めていたマイナンバー制度、いざスタートしてみると肩透かしに …

社会保険の手続き
企業でのマイナンバー開始に伴う社会保険手続きの変更とは

マイナンバー制度のスタート(平成28年1月)がいよいよ迫ってきています。にもかか …

名称未設定-2
報酬を支払う方への準備について【社労士コラム】

マイナンバーは、給料を支払う従業員だけでなく、報酬を支払う人も対象になってきます …

マイナンバーセミナー
企業担当者が押さえるべきマイナンバー導入手引き

マイナンバー制度が開始することによって、市民の生活は大きく変化することになります …

従業員の申請
企業における従業員のマイナンバー一括申請について

平成27年8月20日の政府の決定により、企業が従業員の個人番号カードを一括申請す …

企業の取引
中小企業にも関係。マイナンバー制度とはなにか?

2016年1月1日よりマイナンバー制度(社会保障・税番号制度)が実施されます。そ …

ポイントを示す手
マイナンバーの管理方法は今までとは違う?企業の対策と運用のポイント

マイナンバーの運用がはじまると、民間企業は従業員やその扶養家族のマイナンバーを取 …

add

add
マイナンバー対策事務局