マイナンバーの対策、管理ならマイナンバー推進協議会

東京都

社会保険労務士法人 相事務所

社会保険労務士法人 相事務所

代表者名
福島 紀夫
郵便番号
〒151-0053
住所
渋谷区代々木1-54-1石井ビル4F
電話番号
03-3320-7351
URL
http://www.sr-aijimusho.co.jp/
対応可能地域

関東近県

FAX番号

03-3320-7352

問合せメール

info@sr-aijimusho.co.jp

コメント

少し前より、今のままでは社労士として1、2号業務ができなくなるといわれていました。

もちろん、手続き自体がなくなるわけではありませんが、社会的インフラが整備されてくると、会社の担当者でも簡便に手続きできる仕組みづくりが進んでいる、そういう時代に突入しそうであるという危惧から来ている考えでした。

社労士会も推進している電子申請については、今後ますます簡素化が計られ、われわれ社労士に依頼することなく業務が行えてしまう、まさにそういった時代が訪れようとしています。

社労士会連合会から発表された社労士のニーズ調査によると、関与率は56%であるという結果が出ています。しかし、これを単に喜ぶだけでなく、依頼することがないとする60%の意見がある以上、更にアイデンティティを高めていかなくてはならないと考えます。

マイナンバー法は、このインフラの一つでもあり、われわれが関与する中でも極めて大きく、幅広い分野を占める法律です。この制度の成功のカギは、人に対する問題に一番近くで携わる社労士にあります。

この新しいマイナンバー法を始め、国の政策に乗るだけでなく、自分たちの力でこの制度を推進していかなくては、われわれ社労士の職域も損なわれてしまうといっても過言ではないでしょう。

様々な情報漏えい問題が報道される中、逸早くクライアントに安心してもらえる体制を提供できることが、今後生き残っていく社労士像ではないかと考えています。

弊所も個人情報保護法施行時期より、事務所の安全管理を推進しておりましたが、マイナンバー制度導入にむけて、本年より更なるレベルをあげる体制を整えており、プライバシーマークの申請を行っているところでございます。

新しい法整備は、スタートが肝心です。きっと社会的にも有益なものとなることを考えると、社会保障制度を担うプロとして、また事務担当者のよきアドバイザーとして関わっていくことが大切であると考えています。

add
add

add
マイナンバー対策事務局