マイナンバーの対策、管理ならマイナンバー推進協議会

社労士

【福岡】マイナンバー制度が社労士事務所に与える影響について

三浦修氏

日程:2015年7月8日(水)
講師:三浦 修 氏(社会保険労務士)
開催地:リファレンス大博多貸会議室
    福岡市博多区博多駅前2-20-1
    博多駅博多口より徒歩約7分
時間:14:00~17:00(13:45開場)

限定40事務所

参加費無料

終了

~ 社会保険労務士が制度導入に備えるべきポイントと活かし方 ~
2016年1月から、社会保障・税番号制度(通称:マイナンバー制度)の運用が開始されます。2015年10月より個人番号の通知がスタートするということもあり、現在では、様々な地域でマイナンバー制度に関するセミナーが開催されており、多くの企業がこぞって参加し情報を得ています。

こうした状況を踏まえ、今後確実にあなたの事務所に「顧問先企業からの問い合わせ」が増えることが予測されます。手続き業務を委託している顧問の社会保険労務士事務所が、どのようにマイナンバーに対応するのかを確認するためです。
その時、具体的な対応策などの「答え」をお持ちでないとしたらいかがでしょうか。特定個人情報保護法の罰則の厳しさを鑑みると、最悪の場合、委託解除の可能性すらあり得るのではないでしょうか。
社会保険労務士事務所として、来るべき2015年10月を迎えるにあたり、いったい何をどのように対応すべきなのでしょうか。こうした問いに対し、本セミナーでは特別講師に「クロスフィールズ人財研究所 代表 三浦 修 氏」をお招きし、社会保険労務士事務所が対応すべきマイナンバー制度への対策について具体的にご講演いただきます。
この機会に貴所のマイナンバー制度対策の内容について、具体的に検討を進めてみてはいかがでしょうか。

【こんなことをご希望の方はぜひご参加ください】
□マイナンバーについての理解を深めたい
□何を対策していいのかを詳しく知りたい
□顧問先への説明方法を具体的に検討したい
□同業の事務所の情報を知りたい
□マイナンバーをきっかけに事務所を成長させたい

【セミナー内容】
□問われるセキュリティレベル PマークとISOの本当の効果
□マイナンバー制度を機会に提案すべきサービス
□今、社会保険労務士事務所が準備すべきこと
□今後の社会保険労務士業界の行方
□具体的に取り入れるべきマイナンバーシステム

三浦修氏

【福岡】マイナンバー制度が社労士事務所に与える影響について

日程:2015年7月8日(水)
講師:三浦 修 氏(社会保険労務士)
開催地:リファレンス大博多貸会議室
    福岡市博多区博多駅前2-20-1
    博多駅博多口より徒歩約7分
時間:14:00~17:00(13:45開場)

限定40事務所

参加費無料

終了

社労士向けマイナンバー対策の秘訣!

「マイナンバーの対策は万全ですか?」では、マイナンバー対策にかかせない以下の5つのツールを無料でダウンロードすることが可能です。

  1. 企業提案向けマイナンバー制度対策工程表
  2. 個人番号利用開始までの流れ
  3. 組織図ひな形
  4. 利用目的明示の書類ひな形
  5. 個人番号回収のフロー

これらのツールを活用して事務所内でしっかりとマイナンバー対策を講じ、制度開始後の管理・運用に備えましょう。

関連セミナー

城敏徳氏

【社会保険労務士事務所所長限定】
日程:2015年9月10日
講師:城 敏徳 氏(社会保険労務士)
開催地:リファレンス大博多貸会議室
    福岡市博多区博多駅前2丁目20-1大博多ビル
    博多駅博多口より徒歩約7分
時間:14:00~17:00(13:40開場)

限定40事務所

参加費無料

終了